ドイツにワーキングホリデーに行った同級生

高校の頃、放課後に仲良くつるむ友達はいなかった。
そのせいか、大学生になってからのことを考えることが多かった。
2回生で留学して、4回生で就活して、就職。
華のOLをエンジョイして、デートで神戸ルミナリエに行く。

10年前そんな未来を夢見ていたけど、叶ったのは2回生で留学するという点だけ。
恥ずかしい話、4回生できちんと就職が決まらず進学したのだった。
第二外国語はドイツ語を選択していたので、ドイツに旅立つというシナリオも実は考えていた。
でも、ドイツ語でコミュニケーションが取れるほどに語学が上達することはなく、夢は夢のまま消えた。

同じクラスでドイツ語をやっていた子の中には、ドイツでワーキングホリデーをしている子もいる。
その子はドイツ語が上手だったし、なんか分かる気がした。
4回生のときその子はきちんと就職先が決まったけど、それはワーホリの資金を稼ぐための腰掛。
予定通り、資金がたまったタイミングで退職して今はドイツに行っている。

人生が予定通り進む人はいいなぁなんて思う。
予定通りにいかないことばっかりだと、自分の人生を振り返って思う。
それって努力によるものなのだろうか?
いや~運もあるでしょ、と同じ立場の友達同士で色々愚痴る(笑)