弁護士事務所を立ち上げました

弁護士として働いて20年。
ついに独立開業し、弁護士事務所を設立しました。
これまでの弁護士経験の加え、学んできた経営学を元に、企業弁護士として邁進したいと考えています。
私が以前所属していた事務所は、グループ会社を持つほど大きな事務所でした。
大きい分スケールの大きい仕事を任されることお多く、やりがいがありました。
しかし、分業化が進んでいて、少しでも分野が違うと立ち入れず、自分の考えだけで進めてけないというジレンマがありました。
この度立ち上げた事務所では、大きな企業相手だけでなく、中小企業の皆さんに頼りにされるような仕事をしたいと考えています。
これから独立したいけれど、法律関係に詳しくない方がいれば、私共が一から手助けしたいと考えています。
なぜそのような分野を取り扱うのかというと、今までの経験が活かせるというのが一番の理由です。
離婚、相続といった分野を担当したことがないわけではありませんが、経験値がありません。
それならば、自分が一番力を発揮できる分野で仕事がしたいと考えています。
まだまだ小さな事務所ですが、いつか仲間の弁護士を増やし、大きな事務所に成長させたいです。