歯科医院のクリーニングとホワイトニング

歯科医院ではクリーニングとホワイトニングで歯を白くすることができますが、この2つの違いってわかりますか?
クリーニングは歯科医師や歯科衛生士が行う歯のお掃除のことで、歯の表面に付いた歯石やステインを取り除くことができるので、歯が持つ本来の白さを取り戻すことができます。
ホワイトニングは歯の色素を落とすだけではなく歯を白くする処置を行い、歯科医院で行ってるオフィスホワイトニングは過酸化水素が含まれたホワイトニングジェルを使って歯を漂白します。
みなさんは歯を白くするならクリーニングとホワイトニングのどちらを選びますか?
歯の色素沈着が気になる人はクリーニングがオススメで、コーヒーや紅茶、ワインを良く飲む人は定期的なクリーニングを受けるといいでしょう。
色素は毎日行う歯磨きでは落とすことが難しいため、歯科医院にいって取り除いてもらうといいですよ。
またクリーニングで歯石を取り除くと虫歯や歯周病の予防にもなり、口内環境を健康に保つこともできます。
目にみえる形で歯を白くしたいという人には、クリーニングよりもホワイトニングがオススメです。