歯科で見る残酷は、意外にも優しさであることが多そうです。

乳歯のグラつきをあまりに気にする我が子は、歯科へ行くことを自分で決めました。
もちろん覚悟とは裏腹に怖さを自覚するのが、イスの上というのが子どもの歯科ともいえるでしょう。
しかし、小児歯科ではなだめる時間を取らない、という優しさをも持ち合わせているようです。
そして、泣き始めれば痛くないことでもやたらと泣くのが歯科という場所でもあるからです。
泣いているうちでも抜いてしまう、というのは案外冷たいようでも歯科には大事なことかもしれません。
麻酔は効いてますし、なだめる時間よりも抜く時間のほうがすごく短かいものです。
また、口が大きく開くために抜きやすくなっている時でもあるといえるでしょう。

そしてそれが、その歯科の待ち時間の少なさにもなってくるとすればみんなに優しい歯科です。
ただ、歯科で泣きながらでも抜けるのは、大暴れせずに泣いている時だけになるといえるのではないでしょうか。
さすがに子どもを多く見る歯科では泣き方をよく見た上で、素早くというのが双方にいい治療なのでしょう。
歯科では泣き声が叫びにしか聞こえないものですが、ある意味では治療を助けているとはすごいです。
子どもを連れていくと、そんな歯科の腕前というのも見られたりするので私も勉強できたなと思います。