DVD作成は良い物でないと喜べないです

ビデオを撮る人は多いです。
ビデオを撮るといってもテレビ番組を録画するのではないですよ。
子供の成長記録や家族の思い出をビデオにとって残しておくという人はたくさんいます。
インターネットが普及しているからビデオに撮る人がいないという事はありません。
映像ソフトは様変わりしてきました。
昔はテープが主でしたが、現在はDVDやブルーレイです。
DVD作成をおこなう人は減ってきましたが、DVDを作りたいと思っている人は現在でもいます。
映画も音楽もダウンロードする時代になってきました。
お店でDVDやCDを買う人もいますが、インターネットからダウンロードする人の方が多くなってきています。
本もダウンロードする人が増えてきました。
ダウンロードする人が多いからDVD作成は必要ないという事はありません。
ダウンロードする人がどんなに増えてもDVDやブルーレイなどの記録媒体は必要です。
不具合はどんな物でもあります。
インターネットでも不具合で大変な事態に陥る事はあります。
掛かる費用の事を考える場合は多いですが費用の事ばかりを考えていても良いものは作れません。
それに良い情報を届ける事はできないです。
良い情報をみんなに届けるためにもどんなDVDを作るのかが重要です。